/

この記事は会員限定です

脱炭素、銀行にも変革迫る

世界でグリーン融資急拡大 企業への規制強化、高まる損失リスク

[有料会員限定]

温暖化ガスの排出削減に向け、世界の銀行が変革を迫られている。企業の脱炭素が進まなければ、銀行は融資の貸し倒れなどで収益が悪化しかねない。4月22~23日には米国が主催する気候変動サミットが開かれ、将来の温暖化対策の道筋が議論される。企業への規制強化の流れも強まる見込み。世界の脱炭素融資が加速する。

「融資先の温暖化ガスを減らせ」。3月中旬、三菱UFJ銀行は京都銀行などと組み、京都市の半導体製造装置メーカー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1515文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン