/

この記事は会員限定です

対策講じた店、評価を

筑波大教授 倉橋節也氏

[有料会員限定]

世界最速のスーパーコンピューター「富岳」を使った飛沫シミュレーションが、飲食店対策の科学的論拠の前提になっている。正面でなく、はす向かいに座るだけで、浴びる飛沫の量は4分の1になる。隣に座ると正面よりも5倍になる。

夜間の飲食店に多くの人が集まったときに、感染リスクが統計学的に高くなるという国内研究もある。直接ウイルスを見つけ出しているわけではないが、飲食店が感染の起点になっていることは科学的に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り998文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン