/

この記事は会員限定です

新リーグ構想 批判集中 揺れる欧州サッカー界…

マンUなど6チーム撤退

[有料会員限定]

【ウィーン=細川倫太郎】欧州サッカーの12の強豪クラブが創設に合意した「欧州スーパーリーグ(ESL)」構想に批判が相次いでいる。一部のクラブに富が集中するビジネスモデルへの懸念は強い。イングランド・プレミアリーグから参加を表明していた6チームは20日夜にかけて相次いでESLへの参加を見合わせる意向を示した。

国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長と国際オリンピック委員会(I...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り194文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン