/

この記事は会員限定です

ファイザー製、5000万回分追加

モデルナ製と合わせて全対象者分を確保

[有料会員限定]

政府が米ファイザーから新型コロナウイルスのワクチン5000万回(2500万人)分の追加供給を受ける見通しとなった。月内にもファイザーと契約を交わし、9月末までに供給を受ける。

これにより、16歳以上のすべての接種対象者に必要なワクチンを9月末までにファイザーと米モデルナの2社で確保するメドがついた。

菅義偉首相が訪米中の17日、ファイザーのアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)に電話で要請し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り329文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン