/

この記事は会員限定です

綱渡りのワクチン3 「打たない方が高リスク」

[有料会員限定]

「急に休暇なんて無理だ。皆ぎりぎりなんだ」。4月上旬、東京都内の男性医師は勤務先の病院から休暇申請を断られた。鎮痛剤を急いで服用し、翌日は通常通り出勤した。体調が悪化した原因として思い当たるのは新型コロナウイルスのワクチン。2回目の接種後、体がだるくなり、関節が痛くなった。

国内の接種は2月17日から4月4日までに計109万6698回。最も心配されるアナフィラキシーという重いアレルギー反応が出たの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り767文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン