/

この記事は会員限定です

工場の災害リスク分析

損保ジャパン、発生率を色分け

[有料会員限定]

損害保険ジャパンは、国内に工場や事務所を持つ企業向けに、各拠点の自然災害リスクを分析するサービスを始めた。台風や豪雨による浸水リスクや地震が発生する可能性を「みえる化」する。

企業向けのリスク管理サービス「SORA ONE」シリーズに新機能として加えた。企業が自社の工場や事務所、サプライヤーの拠点などの住所を登録しておくと、マップ上で浸水リスクや、30年以内に震度6弱以上の地震が発生する確率を色分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り268文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン