/

この記事は会員限定です

NZ外相、「ファイブ・アイズ」機能拡大に慎重姿勢

中国配慮か

[有料会員限定]

【シドニー=松本史】ニュージーランド(NZ)のマフタ外相は20日、米英豪カナダと機密情報を共有する枠組み「ファイブ・アイズ」の機能拡大に慎重な姿勢を示した。香港問題などで足並みをそろえるファイブ・アイズに中国は反発している。マフタ氏は人権問題やサイバー攻撃といった事案では中国に譲らない姿勢を示しながら、中国に一定の配慮を示した形だ。

同氏は20日のラジオ番組で「ファイブ・アイズは(機密情報の共有と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り677文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン