/

この記事は会員限定です

学位と単位 前法政大学総長 田中優子

[有料会員限定]

卒業式から1ヶ月経った。この1年ほど、学位とは何か、を考えさせられる日々はなかった。以前から卒業履修科目が多いことで1科目ごとへの学生の関わり方が薄く、深く学びじっくり思考する機会が損なわれていることが問題となっていた。そこで「単位の実質化」を目指していた。

しかし単に科目数を減らすだけでは解決しない。単位の実質化はあまり進まないままコロナ禍となった。オンライン授業となり、課題の殺到に学生たちは疲...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り464文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン