/

この記事は会員限定です

シニア雇用 70歳まで就業機会、企業に努力義務

[有料会員限定]

▽…2021年4月の改正高年齢者雇用安定法の施行で、企業には従業員に70歳まで就業機会を確保する努力義務が課された。将来的には罰則を伴う義務化も予想される。現在日本企業の多くは60歳定年だが、定年引き上げや再雇用期間の延長は避けられない。60歳以上のシニア雇用は企業にとって共通の課題だ。

▽…厚生労働省の20年の調査では65歳まで働ける制度を設けている企業の比率は99%に達する。70歳以上が働ける制度...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り240文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン