/

この記事は会員限定です

新型コロナを5分で検出

理研など、半導体製造技術を応用

[有料会員限定]

理化学研究所の渡辺力也主任研究員と東京大学の西増弘志教授などのグループは、半導体製造技術を応用して製造したチップを使って、新型コロナウイルスを5分以内に検出できる新技術を開発した。PCR検査のように唾液などの検体からウイルスの遺伝子を精製・増幅する必要がなく、コストも同程度に抑えた。

2021年度内に企業と連携して全自動化した小型装置を作り、22年度から臨床現場での実証を目指す。

新型コロナの検査...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り507文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン