/

この記事は会員限定です

小野薬、一時5%高

オプジーボ適応拡大好感

[有料会員限定]

19日の東京株式市場で小野薬品工業株が一時前週末比131円50銭(5%)高い2946円まで上昇した。がん免疫薬「オプジーボ」について、戦略的に提携する米ブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)が胃がん向けにも使えるように承認を取得したと発表し、同薬品の用途拡大を好感した買いが集まった。

終値は74円(3%)高の2889円だった。BMSは16日(米国時間)、米食品医薬品局(FDA)からオプジーボが胃...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り352文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン