/

この記事は会員限定です

空き店舗リノベでタッグ 前橋の官民、基金設立や仲介

事業者誘致し活性化

[有料会員限定]

使われていない店舗や家屋のリノベーション(改修)を促す取り組みが前橋市で本格化している。資金面から支援するファンドを金融機関が設立したほか、物件の所有者と利用者を仲介する動きもある。増えた空き物件を活用することで再び中心市街地を活性化しようと、官民が歩調を合わせている。

「今後、前橋の発展に貢献できるような案件を発掘し、支援していきたい」。前橋などを営業地域とする、しののめ信用金庫(群馬県富岡市)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1101文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン