/

この記事は会員限定です

入管仮放免、コロナで増加 収容施設の「3密」防止

就労禁止 生活は困窮

[有料会員限定]

強制退去処分などを受けて入管施設に収容中の外国人について、一時的に社会生活を認める「仮放免」が新型コロナウイルス禍で増えている。施設内は「3密」の環境を生みやすく、感染拡大を防ぐためだ。ただ、仮放免の外国人は就労が禁止されており、健康保険にも入れない。支援者頼りの不安定な暮らしを送っている。

「お金も仕事もない。私の人生どうなる」。コンゴ民主共和国籍のムンデレ・マヤンバ・フローレンスさん(50)は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1211文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン