/

この記事は会員限定です

不要な古本で社会貢献

引き取り額 事業者経由で寄付

[有料会員限定]

要らなくなった本を処分して部屋を片付けたい。そんな願いがかなううえ、社会にも役立つというサービスが支持を広げている。自治体や市民団体などが買い取り業者と連携し、売却益を寄付してもらって地域の課題解決などの費用に充てる。賢く使えば家も気持ちもすっきりできる。

千葉県松戸市は本を売った際の査定額を寄付してもらう「チャリボン」という制度を2020年12月に導入した。市内で子ども食堂の運営や自然環境の保護...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り960文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン