/

この記事は会員限定です

自治体、余ったワクチン廃棄せず接種

高齢者向けを活用

[有料会員限定]

新型コロナウイルスワクチンの高齢者向け接種で、各地の自治体がワクチンの廃棄を避ける工夫に取り組んでいる。予約キャンセルなどでワクチンが余るケースがあり、医療従事者への転用や別の高齢者への前倒し接種を進めている。

高齢者向けワクチン接種は12日に全国の一部市区町村で始まった。

大津市は高齢者の集団接種を始める前に、予約のキャンセルで余ったワクチンを会場にいる未接種の医療従事者に接種するルールを策定し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り464文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン