/

この記事は会員限定です

春秋

[有料会員限定]

米国への憧れを詞にのせた歌は数多い。40年ほど前には水谷豊さんが「カリフォルニア・コネクション」で●(庵点)いつかは二人で行きたいのさ、と願いを込め、杏里さんは「思いきりアメリカン」で傷心を癒やしてくれた。最近でもDA PUMPがU、S、Aと連呼する。

▼自由と豊かさ、誰でもフレンドリーに受け入れるおおらかさ。そんな包容力あふれた大国のスタイルが人々をひきつけてきたのだろう。お堅く言えば、民主主義や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り368文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン