/

この記事は会員限定です

日本株、高値圏で一進一退

感染再拡大に警戒感

[有料会員限定]

今週の日本株はもみ合いか。国内で新型コロナウイルスの感染が再拡大し、景気回復が遅れかねないとの警戒感が広がる。一方で米長期金利の上昇が一服するなど世界的な金融緩和の継続期待は根強く、株価の下支え要因となる。日米企業の決算発表が相次ぐなかで売買は個別銘柄の選別が中心となるとみられ、相場全体では方向感に乏しい展開が予想される。

前週の日経平均は2万9000円台後半で一進一退が続いた。このところ東京証券...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り665文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン