/

この記事は会員限定です

解体前「現場」で消防訓練

式場・デパート…企業と提携 火災減で経験不足、補う

[有料会員限定]

解体前の建物を消防隊の訓練に活用する動きが広がっている。東京消防庁は建物の解体情報をいち早く把握できる協定を大手不動産会社と締結。結婚式場やデパートといった"現場"での実戦さながらの訓練は、火災件数減少による隊員の経験不足を補い、消防力の向上につながると期待されている。

火花を散らしながらエンジンカッターで扉を突き破り、入り組む建物内で縫うようにホースをのばし放水した。

昨年10月、東京・日本橋の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り876文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン