/

この記事は会員限定です

半導体生産 そろり再開

サムスン米工場 夏にも正常化 供給不足の解消遠く

[有料会員限定]

半導体不足が夏にも一部で緩和に向かう。停電で止まった韓国サムスン電子の米テキサス州の工場などで復旧が進む。だが、その後も需要の急拡大に供給が追いつかない状態は当面続く見通しで、自動車や家電など各国の産業界の懸念は根強い。

サムスンの米半導体工場は2月、停電などの影響で停止した。水道も一時途絶えたため製造装置の部品交換などに時間がかかっていた。このほど各工程が正常に作動するよう調整するための少量生産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1257文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン