/

この記事は会員限定です

米、台湾を「為替操作」認定 日中「監視リスト」変えず

[有料会員限定]

【ワシントン=大越匡洋】米財務省は16日、半年に1度の「外国為替政策報告書」を公表し、貿易で有利になるように意図的に通貨を切り下げている「為替操作国・地域」としてベトナムとスイスに加え、台湾を認定した。中国や日本は通貨安を警戒する「監視リスト」の対象に据え置いた。

中国が台頭するなか、米国は台湾との連携強化に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り156文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン