/

この記事は会員限定です

米銀、投資業務けん引

1~3月、大手4行が最高益 融資需要なお厳しく

[有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則】米大手銀行の2021年1~3月期決算が出そろった。売買仲介や株式の引き受けなど投資銀行業務がけん引役となり、各行とも大幅増益を達成した。融資を中心とした商業銀行業務は低調だった。

JPモルガン・チェースとゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、シティグループは四半期として過去最高益を更新し、他行も大幅増益を達成した。

投資銀行業務が好業績を支えている。機関投資家の売...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り648文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン