/

この記事は会員限定です

(全日本体操男子)18歳北園、首位通過

[有料会員限定]

体操の東京五輪代表選考会を兼ねた個人総合の全日本選手権第2日は16日、群馬県の高崎アリーナで行われ、男子予選は昨年2位で18歳の北園丈琉(徳洲会)が6種目合計87.332点で首位に立ち、三輪哲平(順大)が0.734点差で2位につけた。

2連覇を狙う萱和磨が3位、谷川航(以上セントラルスポーツ)が4位で続いた。

2016年リオデジャネイロ五輪団体総合金メダルメンバーの白井健三(日体大教)は12位、田...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り227文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン