/

この記事は会員限定です

米経済、個人消費がけん引 ワクチン接種・家計支援で

3月小売売上高、過去2番目の伸び

[有料会員限定]

【ニューヨーク=大島有美子】米国の個人消費の回復が鮮明だ。米商務省が15日発表した3月の小売売上高は前月比9.8%増と、2020年5月に次ぐ過去2番目の伸びだった。新型コロナウイルスのワクチン接種の進展と政府の手厚い家計支援により、レストランや旅行、娯楽に活気とお金が戻りつつある。

「週末は5月まで予約がいっぱい」。ニューヨーク市の高級フレンチ「パー・セ」を予約しようとした会社員の女性(37)はた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り411文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン