/

この記事は会員限定です

<法トーク>大豆ミート、規格化で後押し

大塚食品 嶋裕之氏

[有料会員限定]

「利害関係者や専門家の意見を聞きながら、今年中に大豆ミートの規格ルールを決めたい」と意気込むのは、大塚食品でプラントベース事業担当部長を務める嶋裕之氏。念頭に置くのは、農林水産省が日本農林規格(JAS)法で定める「特色JAS」制度だ。国が規格化を主導するのではなく、カテゴリーごとに民間がルールを作り農水省に認めてもらう点が特徴。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り165文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン