/

この記事は会員限定です

女性活躍は進んだか 各国との落差 認識を

詩人・社会学者 水無田気流

[有料会員限定]

本欄の私の担当は、今回をもって最終回となる。6年近く続けられたことを、読者のみなさまには心より感謝申し上げる。安倍晋三政権と並走して来たため、アベノミクスの「女性活躍」を問い直すことが多かった。そこで改めて、政権発足時の2012年からの成果を振り返りたいと思う。

まず、働く女性の数だ。総務省の労働力調査によれば、12年12月の女性就業者数は2651万人。それが19年同月は3000万人と349万人増...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り747文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン