/

この記事は会員限定です

「エクイティ」徹底 米国の思想

[有料会員限定]

2020年の大統領選挙戦の途中からequity(エクイティ)という単語を頻繁に耳にするようになった。ビジネスの世界でエクイティと言えば株主資本を意味するわけだが、バイデン政権では「平等」という異なる意味で使われる。

昔、英語の授業で平等はequality(イクオリティ)と習った記憶がある。建国の父の一人であり、第3代大統領に就任したトーマス・ジェファソンも「すべての人間は生まれながらにしてequa...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り544文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン