/

この記事は会員限定です

春秋

[有料会員限定]

暑い日に涼をとるうちわは、当然、夏の季語だ。しかし、歴史をひもとくと、やたらパタパタあおぐものではなく、その昔は高貴な人が顔を隠すために用いたという。そういえば高松塚古墳の壁画の女性も、うちわのようなものを手にしているではないか。優美である。

▼今のような形状や用途で、本格的に普及したのは江戸時代。岐阜や京都、香川などで盛んにつくられた。歌舞伎の人気役者や高名な遊女の姿が描かれ、庶民に親しまれるよう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り367文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン