/

この記事は会員限定です

二階氏の五輪中止発言が波紋、首相「感染防止に万全」

[有料会員限定]

自民党の二階俊博幹事長が15日、新型コロナウイルスの感染状況次第で東京五輪・パラリンピックの開催中止も選択肢になり得ると発言し、波紋を広げた。

菅義偉首相は同日、首相官邸で記者団に「開催に向けて感染防止に万全を尽くしたい。これは変わらない」と強調した。首相にとって16日にバイデン米大統領と会談し、五輪開催への協力を求める直前のタイミングとなった。

政府高官は「中止はあり得ない」と言及した。加藤勝信...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り434文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン