/

この記事は会員限定です

電動キックボード、シェア事業弾み

規制緩和、交通ルール周知に課題

[有料会員限定]

国内で、電動キックボードなど小型の次世代モビリティー(移動手段)の規制を緩和する動きが出てきた。警察庁の有識者委員会は15日、一定条件で電動キックボードの運転免許を不要にするなどの規制緩和の指針を示した。シェアリングサービスが広がる可能性の一方で、交通ルールの周知など課題も残る。

有識者委は最高速度に応じ、次世代モビリティーを3つに分類する新たな区分案を示した。電動キックボードは時速15キロ以下な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り758文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン