/

この記事は会員限定です

違法漁業「描写が古い」

タイ、米配信会社の映画批判

[有料会員限定]

タイ海上法令執行調整センター(タイMECC)は8日、国内漁業の以前の状況を取り上げているとして、米ネットフリックスのドキュメンタリー映画を批判した。問題の映画「シースピラシー(邦題は偽りのサステイナブル漁業)」には、労働規制や漁獲量を順守しないタイの違法漁船の様子が映っている。

映画は3月、ネットフリックスで配信されてわずか4日後に、英米を含む世界32以上の国で同社配信映画の視聴数上位10位内に入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り576文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン