/

この記事は会員限定です

移住促進 テレワークに的 北関東自治体、支援手厚く

モニターツアーや助成金 利便性で需要企業誘致も

[有料会員限定]

北関東の自治体が移住者の呼び込みに力を入れている。2021年度予算をみると在宅勤務の拡大を受けて地方移住を考え始めた人へ照準を絞る例が目立つ。群馬県はテレワーカー向けにモニターツアーを実施する。ただ、コロナ禍で関東周辺の人気は軒並み高まっており、誘致競争は激しくなりつつある。

群馬県は「ぐんま暮らしブランド化・テレワーク推進」事業として21年度予算に5400万円を計上した。テレワークに関するモニタ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1343文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン