/

この記事は会員限定です

社員の自立がチームの強み

サイボウズ 青野慶久社長(下)

[有料会員限定]

サイボウズ社長の青野慶久氏は2005年の社長就任後、相次いで実施したM&A(合併・買収)で失敗して会社の再建を迫られた。そこから自社のミッションを「チームワークあふれる社会を創る」と定め、自らもレベルの高いチームワークを実践することを決意する。理想のチームづくりを進める中、たどり着いたのは「100人いたら100通りの働き方がある」という考え方だ。

――リーダーとしてチームを率いるうえで大事にしていることは何...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2500文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン