/

この記事は会員限定です

三井物産、洋上風力補修の新会社

国内保守大手と

[有料会員限定]

三井物産は14日、風車メンテナンス国内最大手の北拓(北海道旭川市)と洋上風力発電設備の点検・補修を手掛ける新会社を設立したと発表した。脱炭素の流れで国内でも洋上風力発電所の拡大が見込まれており、点検サービス需要を取り込む。

設立した新会社「ホライズン・オーシャン・マネジメント」(東京・港)は、三井物産と北拓がそれぞれ、51%と49%出資する。国内の洋上風力発電事業者に、欠損や老朽化した風車や基礎部分などの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り272文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン