/

この記事は会員限定です

日特、データで「車の健診」

100万台の走行分析、部品交換提案

[有料会員限定]

自動車エンジンの点火プラグで世界大手の日本特殊陶業(日特)が車の「健康診断」を始める。100万台規模の走行データを集め、整備工場を通じて部品の交換・点検をオーナーにアプリで提案する。部品の売り切りから脱却し、エンジニアの経験に頼りがちだった整備業界も変える。

「足回りの部品がすり減っていませんか」。車のオーナーがスマホをみるとメッセージが届いていた。運転に不都合はないが念のため、なじみの整備工場に連絡。点検し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1376文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン