/

この記事は会員限定です

情報開示もばらつき 審査結果や基準

[有料会員限定]

災害関連死を巡っては、自治体の情報開示にも差がある。西日本豪雨の被災地でも、岡山市などでは認定基準をホームページで見られるが、広島市などは公開してない。同市は「今後公開を検討したい」と話す。

審査結果についても、愛媛県宇和島市は「被害を受けたミカン畑と自宅の復旧作業で心身ともに疲労が蓄積し、脳内出血の発症リスクを高めた」といった具体的な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り170文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン