/

この記事は会員限定です

EU、ワクチン接種に遅れ 小国配慮 調達に誤算

ロックダウン解除できず

[有料会員限定]

【フランクフルト=深尾幸生】欧州連合(EU)で新型コロナウイルスのワクチン接種が遅れている。英国や米国がワクチン接種を加速して経済再開の道筋を描くのとは対照的に、感染拡大に直面してロックダウン(都市封鎖)を解除できずにいる。最大の要因は、欧州委員会による製薬会社に対する発注が遅かったことだ。小国に配慮せざるをえないEUのジレンマも垣間見える。

英国がパブや小売店の営業を再開した翌日の13日、ドイツ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1437文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン