/

この記事は会員限定です

柏崎刈羽 追加検査1年超 東電経営に打撃

テロ対策不備、再稼働遅れ

[有料会員限定]

東京電力ホールディングスが再稼働をめざす柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)の先行きが厳しさを増している。原子力規制委員会は14日、東電のテロ対策の不備を巡り、原発再稼働に必要な核燃料の移動や装填を禁じる行政処分を決めた。規制委の追加検査は1年以上かかる見通しで、経営に打撃となる。

「当社が原子力事業を存続できるかどうか大きな危機感を持っている」。東電の小早川智明社長は14日、新潟県議会でこう述べた。今回の規制委の行政処分、是...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り783文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン