/

この記事は会員限定です

ウイグル綿使用 良品計画は継続

投資家の視線厳しく

[有料会員限定]

生活雑貨店「無印良品」を運営する良品計画は14日、中国・新疆ウイグル自治区の人権侵害の問題を巡り、「新疆綿」を使った衣料品の販売を続ける方針を示した。同日の決算記者会見で松崎暁社長はウイグル問題への言及を避けた。人権を重視する投資家の視線は厳しく、関連企業の株価は伸び悩む。各社は対応に苦慮している。

同日のオンライン会見で、杉山孝太執行役員は「国際機関が発行するガイダンスにのっとり独立した監査機関に調査を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り859文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン