/

この記事は会員限定です

共和党、「赤い州」奪還へ法整備

24年大統領選にらむ

[有料会員限定]

【ワシントン=永沢毅】共和党が黒人らマイノリティー(少数派)を標的にした投票制限に動くのは、2022年の中間選挙や24年の次期大統領選挙をにらみ、自党に有利な環境整備を進めるためだ。とりわけトランプ前大統領の再選を阻む一因となった伝統的には共和党が強い「赤い州」の奪還を視野に入れる。

トランプ氏は20年の大統領選でジョージア州を落とした。同州で共和党候補が大統領選で敗れたのは1992年以来。共和党...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り468文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン