/

この記事は会員限定です

インド、日米豪とワクチン供給

企業育成50年 生産大国に

[有料会員限定]

インドは日本、米国、オーストラリアと手を組み、世界への新型コロナウイルスのワクチン供給に乗りだす。4カ国で連携する「Quad(クアッド)」でインドが中心的な役割にあるのは、約50年かけてワクチン生産大国の座を築いたことが大きい。ただ中国への圧力を強めるにはインドが製薬以外の分野でも産業競争力をつける必要がある。

日米豪印の4カ国は3月にオンライン形式で初の首脳協議を開いた。経済や安全保障で脅威と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り833文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン