/

この記事は会員限定です

食事宅配、黒字化急ぐ

[有料会員限定]

グラブが13日に初めて開示した収益の詳細によると、2021年には売上高の半分を占める宅配事業が調整後EBITDA(利払い・税引き・償却前利益)で黒字転換する見通しだ。配車事業は新型コロナウイルス下でも黒字を確保しており、上場を機に先行投資段階の金融事業の育成を急ぐ。

グラブの配車、宅配、金融の主要3事業を見ると配車の安定ぶりが際立つ。20年は新型コロナで一時、利用が大きく落ち込んだものの、経費削減...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り402文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン