/

この記事は会員限定です

関電、ドローン活用で新会社

点検サービス提供

[有料会員限定]

関西電力は14日、ドローンや人工知能(AI)を活用した点検サービスを手がける新会社を設立したと発表した。電力会社やダムを管理する自治体からの受注を見込み、2025年度に売上高4億円を目指す。サービスを提供する事業者への転換を加速する。

新会社「ディーシフト」は資本金2億円で関電が全額出資した。関電はこれまで火力発電所の煙突や水力発電所の鉄管内部の点検にドローンを活用してきた。この技術とAIによ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り194文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン