/

この記事は会員限定です

植田社長「同業の10年先行く」

[有料会員限定]

四国化工機の植田滋社長に豆腐事業のマーケティング戦略を聞いた。

「この1年、新型コロナウイルス禍で食品充填機の海外営業がままならず、同部門の売上高は前年比で10%程度ダウンした。一方、巣ごもり消費の追い風もあり、豆腐関連の事業は堅調だ」

「阿南食品工場に50億円を投じて完全無菌の紙パックラインと全自動の木綿豆腐ラインを設け、5月から本格稼働させる。木綿豆腐のラインには検査工程に人工知能(AI)を導...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り274文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン