/

この記事は会員限定です

飲食業、食体験磨き価値向上を

飲食店コンサルタント 子安大輔

[有料会員限定]

外食産業の市場規模は日本フードサービス協会によると2019年には26兆円だったが、20年は大きく落ち込んだようだ。

新型コロナウイルスの流行がある程度落ち着くと、外食市場は一定のところまで回復するだろう。ただ、元の規模にまで戻るかというと、私は疑問を持っている。

コロナ禍では「うれしくない外食」というものがたくさんあったことがあぶり出されたからだ。例えば「移動の合間をぬってかき込んだ、ただ胃袋を埋...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り881文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン