/

この記事は会員限定です

家族救った亡き父の木 熊本地震5年で追悼

50年以上手入れ、揺れた家支える 造園業継ぎ「復興に尽力」

[有料会員限定]

熊本、大分両県で計276人が犠牲となった2016年4月の熊本地震は14日、最初の激震「前震」から5年を迎え、熊本県庁で追悼式が開かれた。熊本では今なお418人(3月末時点)が仮設住宅で暮らす。インフラの復興が進み、多くの人は再建した自宅や災害公営住宅に移った。一方で被災した高齢者らの孤立を防ぎ、生活支援や見守りをどう続けていくかが課題となっている。

追悼式では、遺族を代表し、父親(当時83)を亡く...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1143文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン