/

この記事は会員限定です

英離脱後の「英語」が議論に

EU

[有料会員限定]

2021年1月、英国が欧州連合(EU)から完全に離脱した。これを機に盛り上がったのが公用語「英語」を巡る議論だ。英国が離脱したのに、英語がEUの事実上の共通語として使われる現状に疑問の声が出ている。

議論に火がついたのは、EU加盟国と英国を同等に扱う移行期間が終わる直前の20年12月末だった。英離脱に伴って英語が公用語から実務に使う作業言語に格下げされるかもしれない、と英メディアが報じたことがきっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1677文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン