/

この記事は会員限定です

半導体 台湾依存リスク

米団体試算、1年停止で50兆円打撃 米、安定調達へ19社と議論

[有料会員限定]

バイデン米政権が半導体のサプライチェーン(供給網)強化へ産業界との連携を深めている。12日、半導体メーカーなど19社の経営者らと安定調達の方策を議論した。バイデン大統領が国内生産の拡大に意欲を示す背景には、膨らみ続ける台湾への依存リスクがある。

12日の会議にはインテルなど米国勢のほか、台湾積体電路製造(TSMC)、韓国サムスン電子の幹部が参加。半導体不足で減産を強いられる米自動車大手も加わった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り822文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン