/

この記事は会員限定です

台湾IT、21%増収

3月 コロナでパソコン好調

[有料会員限定]

【台北=中村裕】半導体や液晶パネルの不足が世界的に続くなか、台湾大手IT(情報技術)企業の業績が好調に推移している。日本経済新聞が主要上場19社の3月の売上高の合計額を集計したところ、前年同月比の伸び率が21.5%に達した。約7割の企業が2ケタの増収を確保し、昨秋からの勢いが止まらない。

台湾の主要IT19社(アジア主要上場企業=Asia300)の3月の売上高合計額は、1兆1299億台湾ドル(約4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り588文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン