/

この記事は会員限定です

中国、独禁法順守を一斉指導

ネット34社へ圧力強める

[有料会員限定]

【上海=松田直樹】中国の規制当局は13日、アリババ集団や騰訊控股(テンセント)などネット大手34社の担当者を集めて会議を開き、独占禁止法などの法律を順守するよう指導した。10日にはアリババに独禁法違反で過去最大となる3000億円の罰金を科しており、ネット企業へ圧力を強める姿勢が鮮明だ。

独禁法を管轄する国家市場監督管理総局によると、会議には動画投稿アプリのTikTok(ティックトック)を運営する北...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り736文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン