/

この記事は会員限定です

スエズ、賠償長期戦に

座礁船戻らず/荷主と調整難航か 損保各社、確定に年単位も

[有料会員限定]

エジプトのスエズ運河で発生したコンテナ船の座礁事故を巡って国内の損害保険各社が長期戦の構えを見せている。スエズ運河の航行が再開した現在も事故を起こしたコンテナ船は調査のために近くにとめおかれている。船の大型化で負担分担での荷主との調整は難航が予想され、損害確定までには年単位の時間がかかる見通しだ。

コンテナ運搬船エバーギブンは中国から欧州へ向けて北上中にスエズ運河で座礁した。今治造船グループの正栄...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1017文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン